囲碁 本因坊
Home > 囲碁のマナー > 囲碁の格言1
囲碁の格言1

囲碁の格言(1)

●ダンゴ石を作るな
(クリックで画像を拡大)

石のダンゴ(団子)は大きいほどうまくない。石の効率が悪い典型です。



●一方地に勝ちなし


「一方地」(一カ所)に大きな地を作っても、上下左右から消されて思ったよりも地が出来にくい。



●敵を攻める前に、己れを顧みよ


本気で相手の石を取りに行った場合に、自分の石の欠点に注意を払わなかった結果、自分の石が死んでしまうケースを戒めたものです。
 
ダンゴ石を作るな
一方地に勝ちなし
敵を攻める前に、己れを顧みよ

囲碁の格言(2)

●眼あり眼なしは唐の攻め合い
(クリックで画像を拡大)

眼のある石と眼のない石との攻め合いは眼のあるほうが有利。


●中地を囲うな


四隅取られて碁打つな、という格言もありますが、中央を囲って勝っと言うことは大変難しいこと。


●厚みに近寄るな

厚みのそばの価値は低く、厚味から離れるほど価値が高くなる。

眼あり眼なしは唐の攻め合い
中地を囲うな
厚みに近寄るな
お問い合わせ