囲碁 本因坊
Home > 囲碁のマナー > 囲碁十訣
囲碁十訣

囲碁十訣

囲碁十訣」について(碁を打つ時、参考にしてください。)

 

「囲碁十訣」は、唐の時代の碁の名手、王積薪がまとめあげたと伝えられる、囲碁十ヵ条の要諦で、棋道普遍の真理として有名です。

 

一.不得貧勝むさぼれば勝ちを得ず)

欲深く儲けようとすると、かえって勝負には勝てない。

 

二.入界宜緩(界に入りてはよろしく緩やかなるべし)

相手の勢力圏では、ゆるやかに小さく打ちなさい。

 

三.攻彼顧我(彼を攻めるには我を顧みよ)

やみくもに敵を攻めるだけでなく、自陣の弱点に注意しなさい。

 

四.棄子争先(子を棄てて先を争え)

小さな石、カス石は捨てて、先手を取ることを重視せよ。

 

五.捨小就大(小を捨てて大に就け)

小さい手にこだわらず、大きい手を優先させなさい。

 

六.逢危須棄(危うきにあえばすべからく棄つべし)

見通しのたたない危い石を見極め、棄てる意志をもちなさい。

 

七.慎勿軽速(慎しんで軽速なるなかれ)

足ばやに薄い手を打たず、碁の大道を歩めということ。

 

八.動須相応(動けばすべからく相応すべし)

相手の動きに乗じた効果的な動きを考えようということ。

 

九.彼強自保(彼強ければ自ら保て)

相手の強い場所では保身をもっぱらにせよ、ということ。

 

十.勢孤取和(勢い孤なれば和を取れ)

力のない孤立した石は平和的にオサまりなさい。

お問い合わせ