囲碁 本因坊
HOME > 囲碁のマナー
囲碁のマナー

囲碁のマナー 六ヵ条

※囲碁本因坊は、マナーの良い楽しい碁会所を目指しています。


●第1条  
打ち始めるとき、黒を持った人は第1着目を打つ前に軽くおじぎをしながら「おねがいします」と挨拶することを忘すれずに。 


●第2条  碁笥のなかに手を入れて石をガチャガチャとしないこと。相手に不快感を与えます。

●第3条  打っている最中に余計なことを言ってはいけません。自分の打つ番になって何かつぶやくのはかまいまさんが、できれば黙って打ちたいものです。

●第4条  絶対に「マッタ」をしてはいけませんマッタとは、一度盤の上に置いた石をあとからはがして打ち直すことですが、これをやると碁は、永久に終わりませんし、ケンカのもとになります。

●第5条  側で見ている場合でも、口を出しては、いけません。側で見ているとつい口を出す人がいますが、とんでもない話です。

●第6条  終わったら、自分の石をキチンと碁笥のなかの入れて、碁笱を碁盤の上に置き、「ありがとうございました」と一礼してから立ち上がりましよう。


 

お問い合わせ